プログラムを読むために必要な全てのこと
Sal
else まず、プログラムはデータが中心となることを押さえておく。if文もfor文も関数もデータが中心である。なのでプログラムのコードを読む場面ではデータのINPUTとOUTPUTだけに注目すれば良い

プログラムを読むために必要な全てのこと

  1. プログラムで一番気にするべきことはデータベース
  2. データベースを理解するためのキーワード
  3. # WK
  4. # TMP
  5. それでも、ある程度のプログラムは読めなければならない
  6. おすすめの本
## プログラムで一番気にするべきことはデータベース
考えればわかることだが、プログラムはデータが中心となる。 if文もfor文も関数もデータが中心である。 なのでプログラムのコードを読む場面ではデータのINPUTとOUTPUTだけに注目すれば良い
プログラムなんて、データ構造がどうなっているのか分かれば もう半分勝ったようなものだ。コードを書くときも、 コードに逐一コメントを付けるよりデータ構造 (だけ) を 解説するほうがはるかに役に立つ。 (と、何かの本に書いてあったんだけど、なんだっけ?)
「プログラム書法」より
フローチャートは禁止しましょう。フローチャートは、 制御の流れを「もろ」に書けてしまうのでよくありません。 プログラムは、データを処理するためにあり、データの違いによって 制御の流れが変更されます。あくまでも、データが主体です。 変数、引数などのデータをどう定義するかで、プログラムの組みやすさは 大幅に改良されます。データ構造がどうなっているかの図のほうが、 フローチャートよりはるかに役立ちます。データの意味だけは、 しっかり書きましょう。
「Cプログラミング診断室」より
## データベースを理解するためのキーワード
### WK
work table(ワークテーブル)と言う意味 一時的な作業エリアとして捉えられることが多い
### TMP
temp(一時的な)と言う意味 WK同様作業エリアとして捉えられることが多い。 例) SQLのコードで一時的にテーブルを作成する必要がある場合。

employeesテーブルと
salesテーブルで
一時的に売り上げランキング(SALES_RANKING)を作って表示するなど。
## それでも、ある程度のプログラムは読めなければならない
そもそも初心者(プログラミング入門書を読んだ後)の状態では読めるプログラムも読めない。 なので、次の略語一覧で全ての単語を一見しておくことをお勧めします。 プログラミング 略語一覧
## おすすめの本
SQLアンチパターン SQLアンチパターン title:プログラムを読むために必要な全てのこと description:まず、プログラムはデータが中心となることを押さえておく。if文もfor文も関数もデータが中心である。なのでプログラムのコードを読む場面ではデータのINPUTとOUTPUTだけに注目すれば良い