個人開発の歴史を振り返ってみる
Sal

個人開発の歴史を振り返ってみる

  1. oversea-it
  2. question
  3. fanstatic
  4. それぞれの目標割合
## oversea-it
6ヶ月前のサービスだが、昔のツイートを見るのが結構面白い 外国のツイート+評価が高い+日本語訳でそれなりに強豪に勝てるサービスになる 「Java 嫌い」でかなり引っかかったのも面白い - 運用方法 1. 海外のツイートを調べる 2. 面白いと思ったツイートを、専用のエディターに入力 3. 原稿が出来上がる。 4. 和訳の誤差を治し、タイトルも追加。 4. reloadするとあら不思議。記事の完成だ! を、**「全部自動でやってくれる!」**が最高 あるいは、 「一年前の記事をみてみる」でも十分面白い **→ツイートの自動取得のためのtwitter apiのキー取得に苦戦** 今後どうなるかはそれ次第
## question
エンジニア専用の質問箱 「エラーを入力しコードが帰ってくる」がコンセプト 「なくてはならない」「マズローの五段階要求の最下層」にいるのがポイント
## fanstatic
過去「キーワードクラウド」で大量のユーザーをあつめた 実績はあり。
## それぞれの目標割合
oversea-it:500 question:500 techblog:(100→)500 fanstatic:500 合計:2000 金額換算すると

2000*30 = 60000 (30日間で変換)
60000 x 1.5 = 90000 (google analyticsの分析)
=9万円
title:個人開発の歴史を振り返ってみる