HTTP 0.9とは始祖のHTTPである。
Sal
html_css 今でもよく使われるHTTP1.0が策定された後、後出しの形でHTTP0.9と名付けられたからである。

HTTP 0.9とは始祖のHTTPである。

  1. HTTP 0.9とは始祖のHTTPである。
  2. HTTPの名前の由来はただのすっごいテキストと言う意味
  3. ネットワークそのものはアメリカの国防予算で作られた
  4. アプリケーション開発者向けの文書は「MDN」
  5. webフレームワークで8080, 8000, 8888が競合する理由
  6. 備考
- [HTTP 0.9とは始祖のHTTPである。](#http-09とは始祖のhttpである) - [HTTPの名前の由来はただのすっごいテキストと言う意味](#httpの名前の由来はただのすっごいテキストと言う意味) - [ネットワークそのものはアメリカの国防予算で作られた](#ネットワークそのものはアメリカの国防予算で作られた) - [アプリケーション開発者向けの文書は「MDN」](#アプリケーション開発者向けの文書はmdn) - [webフレームワークで8080, 8000, 8888が競合する理由](#webフレームワークで8080-8000-8888が競合する理由) - [備考](#備考) https://qiita.com/hakatashi/items/7bdbcab2067406003866
## HTTP 0.9とは始祖のHTTPである。
http0.9といえば次の機能しかない、始祖のHTTPである。 - GETリクエストしか存在しない - HTTPヘッダなんてない - HTTPステータスコードなんてない - 応答は原則HTMLのみ ちなみになぜ、HTTP0.9と中途半端な数字から始めたのかといえば、 **今でもよく使われるHTTP1.0が策定された後、後出しの形でHTTP0.9と名付けられたからである。** したがってHTTP1.0が登場する以前はHTTP0.9と言う名前は存在せず、ただHTTPと呼ばれていた。 ちなみにHTTP0.9が登場したのは1990年であり、HTTP1.0が登場したのも1996年であるため相当歴史が深いプロトコルでもある。
## HTTPの名前の由来はただのすっごいテキストと言う意味
「http」とは、「Hyper Text Transfer Protocol(ハイパーテキスト・トランスファ・プロトコル)」の略で、WebサーバーとWebブラウザがデータを送受信するときに使う通信上のルールのこと。 その名前の通り、先ほどあげた程度の機能しか盛り込まれていないシンプルなプロトコルであった。 - GETリクエストしか存在しない - HTTPヘッダなんてない - HTTPステータスコードなんてない - 応答は原則HTMLのみ **現在のように「クッキー」や「メソッド」などと呼ばれるものは存在せず、シンプルにテキストを読み書きするだけのプロトコルであったのだ。**
## ネットワークそのものはアメリカの国防予算で作られた
以下参考:https://qiita.com/shiei_kawa/items/1c10311225eeef17fa01 インターネットのもとになったネットワークはアメリカの国防予算で作られたため、仕様を外部に公開できなかった。 「あくまで軍事目的とは関係ないですよ〜」と言うことで作られたで、「品質アップのためのご意見を広く世界から集める」という名目で仕様を公開することにした名残がこのRFC(request for comments)という名称になっている。 HTTP関連のRFCは以下のようにたくさんあります。

RFC2616 "Hypertext Transfer Protocol -- HTTP/1.1"
RFC2617	"HTTP Authentication: Basic and Digest Access Authentication" Basic認証
RFC2068	"Hypertext Transfer Protocol -- HTTP/1.1" 最初のHTTP1.1仕様。2616に置き換えられている
RFC1945	"Hypertext Transfer Protocol -- HTTP/1.0"
RFC1738	"Uniform Resource Locators (URL)"
RFC1630	"Universal Resource Identifiers in WWW" URI仕様
RFC2965	"HTTP State Management Mechanism" Cookieに関しての利用仕様。現在での正式最新版
RFC2109	"HTTP State Management Mechanism" Cookieに関しての利用仕様
ここまでは実装者向けの「仕様書」に当たるものになる。
## アプリケーション開発者向けの文書は「MDN」
MDNは「アプリケーション開発者向けの文書」である

MDN Web Docs (以前は MDN — Mozilla Developer Network と呼ばれていました)は、
ウェブ技術とウェブを支えるソフトウェア、CSS、HTML、JavaScript などについて学ぶための進化し続ける学習プラットフォームです。
私たちはまた、詳細におよぶ初心者向けの学習素材を所有しています。
この文書は元々はmozillaが管理していたサイトですが、今では競合しているブラウザベンダーが仲良く(?)コミットして管理しています。 - Microsoft - Google chrome 等々
## webフレームワークで8080, 8000, 8888が競合する理由
80番ポートといえば「ウェルノンポート」として有名ですが、すでにシステムで使用中であったり、 危険なので解放されていない場合があります。 **そして多くのwebフレームワークは「似ているから」と言う理由で「8080,8000,8888」番を好んでつい書います。** TOMCAT,Django,wordpress等々 ruby on railsとかもかもしれない。
## 備考
title:HTTP 0.9とは始祖のHTTPである。 description:今でもよく使われるHTTP1.0が策定された後、後出しの形でHTTP0.9と名付けられたからである。 img:https://dragon-taro.com/wp-content/uploads/2018/11/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88-2018-11-12-21.18.00.png category_script:True