社内SE雑記ブログ

社内SEの業務内容を可能な限りリアルに記しました。これから目指す人も、そうでないエンジニアも楽しめるように書きます!

記事一覧

保守運用チームに配属が決まった時にみるべきメモ

運用Tに関する気になるツイートを見たので誠に勝手ながら少々補足させていただく。

アーキテクチャパターン一覧

アーキテクトを学ぶ意義の理解。特に、アーキテクトスタイル(アーキテクチャパターン)のことについて。アーキテクトスタイルとは、さまざまなアーキテクチャ特性をカバーする、コンポーネント同士の名付けられた関係を説明するもの。

パイプラインのメリット・デメリット【アーキテクチャ用語集】

関数型プログラミング言語の考え方を拡張子かのようなアーキテクチャ。bashやpowershellなどのosの言語に近い構造を持つ。プログラミング言語は低いレイヤーの話であるが、今回のアーキテクチャはより高次元である。

プラグインアーキテクチャのメリットとデメリット【アーキテクチャ詳細】

マイクロカーネルアーキテクチャは別名、プラグインアーキテクチャと呼ばれている。システムは「コアシステム」「プラグインコンポーネント」の二種類から成り立ち、中央集約型の「コアシステム」に対して「プラグインコンポーネント」を取り付ける形で構成される。

サービスベースアーキテクチャのメリットとデメリット

このアーキテクチャは「ドメイン管理方式」である。(技術管理方式ではない)したがってあるサービスの改修が入った場合、その他の改修を行う必要はなく、関係のないコンポーネントのビルドも防ぐことができる。サービス単位でテストを組むこともできるため、ソフトウェアの品質を高く保つことができる。

イベント駆動アーキテクチャのメリットとデメリット

イベント駆動型アーキテクチャスタイルは、非同期通信のみに依存するという点で、他のアーキテクチャスタイルに比べて独自の特徴を提供します。非同期通信は、システムの全体的な応答性を向上させるための強力な手法です。

スペースベースアーキテクチャとは何か?

スペースベースアーキテクチャの概要と構造、メリットとデメリットを解説します。

オーケストレーション駆動サービス指向アーキテクチャ

このアーキテクチャは「アンチパターン」に属している「ある組織的な考え方が、理屈は通っていても、開発プロセスの最も重要な部分を妨げてしまうことがある」ということを示すアーキテクチャになってしまっている。

マイクロサービスアーキテクチャのメリットを3分で説明する

マイクロサービスは分散アーキテクチャを形成し、各サービスは独自のプロセスで実行されます。これは元々は物理コンピューターを意味していましたが、すぐに仮想マシンとコンテナーに進化しました。

「40代,50代 プログラミング」

「40代,50代 プログラミング」を検索した方へ、特にプログラマーになりたい人へなるべく手短に説明するので気になった方は見てください。

「社内SE 楽しい」で検索した人へ

結論から始めると社内SEは楽しいです!社内SEの楽しさについて実体験をもとに話をしていこうと思います。

社内SEで必要なスキル

社内SEでプログラミングは必要なのか?他にどんなスキルを身につければ良いのか?現役社内SEの筆者の実体験を元に書きました。

ITトレンドを探る〜プログラミング編〜

キーワードプランナーからITトレンドを探る。今回はプログラミング編。2021年7月12日最新。

人気プログラミング言語4選!何を学べば良いか丁寧に解説します!

javascript.python,c#,c,etc...世の中には様々なプログラミング言語が存在しますが、どれを学べば良いかわからない人も多いはず。

「サポートエンジニア つまらない」で検索したあなたへ

あらゆる情報源からサポートエンジニアがつまらないと言われているが、その実態を現役の社内SEが語る。つまらないと言われているのは、「インフラエンジニア」「サポートエンジニア」

エンジニアのための電話講座

別名:エンジニア(陰キャ)のためのサポートデスク語録。コミュニケーションが苦手なあなたのためにどんな言葉を使えば良いかを紹介します。

エンジニア系記事のキーワードについて

強豪が少ない かつ 狙い目の記事について考察していく。google のキーワードプランナーの検索結果から、トレンドも含めた最新の情報を記述する。

キーワードプランナーで需要のあるキーワードを探す手順(2021年7月11日最新)

エンジニア関係で人気のあるキーワードをキーワードプランナーから選出し、キーワードとして採用可能か検討します。

パソコンでトラブルが起きた時にやるべきこと一覧

サポートデスクとしてトラブルシューティングを職業としている筆者がパソコンに関する悩み相談を受けた時にやるべきことについて記述する。