関数型プログラミング概要とjoinの使い方【関数型プログラミングReact】
Sal

関数型プログラミング概要とjoinの使い方【関数型プログラミングReact】

  1. 純粋関数の鉄則
  2. javascriptの関数型プログラミングの胆:join, map, filter, reduce
  3. Array.joinは配列をつなげる
  4. 関数型プログラミングまとめ
  5. 備考
- [純粋関数の鉄則](#純粋関数の鉄則) - [javascriptの関数型プログラミングの胆:join, map, filter, reduce](#javascriptの関数型プログラミングの胆join-map-filter-reduce) - [Array.joinは配列をつなげる](#arrayjoinは配列をつなげる) - [関数型プログラミングまとめ](#関数型プログラミングまとめ) - [備考](#備考)
## 純粋関数の鉄則
純粋関数は、関数型プログラミングのもう1つの中心的な概念です。 アプリケーションの状態に影響を与えないため、作業が大幅に楽になります。 関数を使用する場合は、次の 3 つのルールに従うようにしてください。 1. 関数は少なくとも一つの引数を取るべき 2. 関数は少なくとも一つ以上の引数を返すべき 3. 関数は引数の値を変更してはならない
## javascriptの関数型プログラミングの胆:join, map, filter, reduce
データが不変の場合、アプリケーションはなにか意味をなすのでしょうか? **機能的なプログラミングとは、アプリケーションとは、データをある形式から別の形式に変換することです。** 私たちは関数を使用して変換されたコピーを生成します。 これらの関数はコードの不完全性を軽減し、複雑さが軽減されます。 1 つのデータセットを生成する方法を理解するために、特別なフレームワークは必要ありません。 ただし、**データ変換のプロになるために習得しなければならない 2 つのコア機能があります。** - cient: Array.map - および Array.reduce。** このセクションでは、これらおよびその他のコア機能がどのように伝達されるかを見ていきます。 たとえば、学校名が並んだ配列の操作を考えてみましょう。 ```js const schools = [ "Yorktown", "Washington & Lee", "Wakefield" ] ```
## Array.joinは配列をつなげる
学校のリストを「, 」区切りで結合したいときは、joinを使うといいでしょう。 ```js const schools = [ "Yorktown", "Washington & Lee", "Wakefield" ] console.log( schools.join(", ") ) ``` join は組み込みの JavaScript 配列メソッドで、区切り文字列を抽出するために使用できます 元の配列はそのままです。
## 関数型プログラミングまとめ
熟練した JavaScript エンジニアになりたい場合は、これらの機能をマスターする必要があります。 あるデータセットから別のデータセットを作成する機能は必須で、あらゆるタイプのプログラミング パラダイムに役立ちます。
## 備考
title:関数型プログラミング概要とjoinの使い方【関数型プログラミングReact】 category_script:page_name.startswith("2")