Kotlin学習サイト【概要編】
Sal
kotlin JavaはOracle社が開発したプログラミング言語であるため、Kotlinもその影響を受けるのではないか?という懸念があったが問題なしとのこと。

Kotlin学習サイト【概要編】

  1. とりあえず試したい方へ
  2. Kotlinを動かすための開発環境
  3. 言語のビジュアルが見たい方へ
  4. 参考サイト
  5. Kotlinの人気急上昇について
  6. Kotlinの特徴
  7. Javaの有償化について
## とりあえず試したい方へ
とりあえずブラウザ上で試す: インストールしなくてもこちらからブラウザ上で実行可能 https://play.kotlinlang.org/ ※Kotlinの公式のドメイン配下にあるサイトなので安全にお試しできます
## Kotlinを動かすための開発環境
Android Studioが必要。
## 言語のビジュアルが見たい方へ
外見はこんな感じ

//this is comment
fun main() {
    var agreement : String = "Hello, world!!!"
    println(agreement)
}
どちらかというとPythonやPerlに近い
## 参考サイト
以下のURLを参考にしました。 参考URL:https://qiita.com/koher/items/bcc58c01c6ff2ece658f
## Kotlinの人気急上昇について
以下の記事より、「Kotlin on Android」が正式に決まった https://blog.jetbrains.com/ja/2017/05/18/767/ Google I/OのキーノートにてAndroidチームはKotlinの公式サポートを発表いたしました。 これはKotlinにとって大きな一歩であり、Androidデベロッパにとって、そしてJetBrainsツールファンに とって素晴らしいニュースです。 これはつまるところ**Kotlinのバックにgoogleがついた**とほぼ同義です。
## Kotlinの特徴
- Javaとの完全互換性 まずはこれ Kotlin は JetBrains 社が作っている JVM 上で動作する言語で、 "100% interoperable with Jav (Java と完全に相互運用可能 )" を謳っています。 - Javaよりすごい Javaの互換性を保ちながらもJavaよりすごい Kotlin は Better Java としてかゆいところに手が届くように作られており、一方で Java プログラマが抵抗 感なくすんなりと受け入れられるようにできています 以下のコードを見てわかる通り、面倒で無駄な宣言がなくなりスッキリしている ***before(Java)***

class HelloWorld {
	public static void main(String[] args) {
		System.out.println("Hello, world.");
	}
}
***after(Kotlin)***

//this is comment
fun main() {
    println("Hello, world!!!")
}
- 複数のOSに対応 SwiftはiOSの事実上の基準となっている言語だが、Androidには対応していない しかしKotlinは複数のOSに対応可能。 iOSでもAndroidでも同様に動く。
## Javaの有償化について
JavaはOracle社が開発したプログラミング言語であるため、Kotlinもその影響を受けるのではないか?という懸念があったが https://teratail.com/questions/135222 Android端末では、アプリはARTと呼ばれるGoogle独自のJVM上で動作しており、そもそもOracleの影響を受けません。 ということで問題なしとのこと。 title:Kotlin学習サイト【概要編】 description:JavaはOracle社が開発したプログラミング言語であるため、Kotlinもその影響を受けるのではないか?という懸念があったが問題なしとのこと。 category_script:True