Kotlin学習サイト【変数宣言から代入まで】
Sal
kotlin 型推論などからConstの使用方法まで。Kotlinで使用可能な型についても触れる。

Kotlin学習サイト【変数宣言から代入まで】

  1. 簡単な変数宣言の例(var)
  2. 定数の書き方(val)
  3. Kotlinで使える型について
  4. 数値型について
  5. 文字列型について
## 簡単な変数宣言の例(var)
- 最もしっかりとした書き方

var a: Int = 1

- 暗黙的な書き方(型推論)

var a = 1

型名は書く必要はない
## 定数の書き方(val)
いわゆる「const」として扱い、後に変数代入する必要がない場合

val digits = 12

## Kotlinで使える型について
Kotlinでは以下の型が使用可能 - Double - Float - Long - Int - Short - Byte - String
## 数値型について
- Int 整数を扱うには最も適切なサイズ - Long 整数型では最大のサイズ - Double 64bitで小数点付きの数字を扱う際に最も大きいサイズ - Float 浮動小数点型 floatは単精度、doubleは倍精度浮動小数点と呼ばれている。 - 以下二つはあまり使わない Short 16 Byte 8
## 文字列型について
String型が使える(ここはJavaとほぼ同じ) が、これも型推論の機能を使えばよい

var passowrd = "1234"

暗黙的にやるならば以下のようなイメージ

var passowrd : String = "1234"

title:Kotlin学習サイト【変数宣言から代入まで】 description:型推論などからConstの使用方法まで。Kotlinで使用可能な型についても触れる。 category_script:True