Kotlinの文字列リテラルについて【Kotlin入門】
Sal
kotlin 文字列リテラルとは、ソースコードに書かれた具体的な値のこと。

Kotlinの文字列リテラルについて【Kotlin入門】

  1. 文字列リテラルについて
  2. 文字列リテラルについて
  3. 複数行を表示したい場合
  4. Kotlinで複数行の文字列でタブが入ってしまうとき。
  5. Kotlinの文字列テンプレート
## 文字列リテラルについて
- [文字列リテラルについて](#文字列リテラルについて) - - [複数行を表示したい場合](#複数行を表示したい場合) - - [Kotlinで複数行の文字列でタブが入ってしまうとき。](#kotlinで複数行の文字列でタブが入ってしまうとき)。 - - [Kotlinの文字列テンプレート](#kotlinの文字列テンプレート)
## 文字列リテラルについて
Kotlinは二種類の文字列リテラルを持つ - エスケープ文字を含む文字列 - 改行やタブなど任意の文字列を含む文字列 //サンプルコード
 
var msg1 = "こんにちは。\n私はKotlinを学んでます"
var msg2 = """こんにちは
私はKotlinを学んでますが 
// 実行結果

こんにちは。 私はKotlinを学んでます
## 複数行を表示したい場合
クオーテーションを三つ続けることで複数行テキストを実現できる。
 
var msg2 = """こんにちは
私はKotlinを学んでます"""
## Kotlinで複数行の文字列でタブが入ってしまうとき。
trimMarginメソッドを使うことで先頭のタブを取り除くことができる
 
fun main(){
    var msg2 = """こんにちは 私はKotlinを学んでます
    を学んでます""".trimMargin() 
    println(msg2)
}
// 実行結果 こんにちは 私はKotlinを学んでいます。
## Kotlinの文字列テンプレート
文字列に式を埋め込む場合

fun main {
    var data = array0f (1.2.3)
    println("配列dataの先頭の値は${data[0]}です") 
}

title:Kotlinの文字列リテラルについて【Kotlin入門】 description:文字列リテラルとは、ソースコードに書かれた具体的な値のこと。 category_script:True