JUnitの文字列のアサーション
Sal
kotlin 実測値と期待値を比較検証するプロセスのこと。ユニットテスト、ひいてはソフトウェアテストにおいて最も重要な概念。UnitではAssertJのようなアサーションライブラリを用いることで、自然言語に近い直感的な記述が可能になる

JUnitの文字列のアサーション

  1. よく使うJUnitの配列のアサーション
  2. JUnitのhasSize(3)
  3. JUnitの.contains("green")
  4. JUnitの.containsOnly("blue", "red", "green")
  5. JUnitの.containsExactly("blue", "red", "green")
  6. JUnitの.doesNotContains
  7. 備考
## よく使うJUnitの配列のアサーション

val sut = arrayOf("red", "green", "blue")
assertThat(sut).hasSize(3)
    .contains("green")
    .containsOnly("blue", "red", "green")
    .containsExactly("red", "green", "blue")
    .doesNotContains("yellow")
## JUnitのhasSize(3)
サイズが合っているかを確認する

val sut = arrayOf("red", "green", "blue")
assertThat(sut)
    .hasSize(3)
## JUnitの.contains("green")
文字列が含まれているかどうかを確認する

val sut = arrayOf("red", "green", "blue")
assertThat(sut)
    .contains("green")
## JUnitの.containsOnly("blue", "red", "green")
同じ要素が含まれているか確認する。 順番は問わない

val sut = arrayOf("red", "green", "blue")
assertThat(sut)
    .containsOnly("blue", "red", "green")
## JUnitの.containsExactly("blue", "red", "green")
配列の要素が完全一致することを検証する。 順番まで一致しなければならない

val sut = arrayOf("red", "green", "blue")
assertThat(sut)
    .containsExactly("red", "green", "blue")
## JUnitの.doesNotContains
文字列が含まれるかどうかを確認する

val sut = arrayOf("red", "green", "blue")
assertThat(sut)
    .doesNotContains("yellow")
## 備考
title:JUnitの文字列のアサーション description:実測値と期待値を比較検証するプロセスのこと。ユニットテスト、ひいてはソフトウェアテストにおいて最も重要な概念。UnitではAssertJのようなアサーションライブラリを用いることで、自然言語に近い直感的な記述が可能になる img:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRmucaKbgWgJTHfHMMdUFAziBpyeB-GNVTnrQrRHJ46re_871oNfxeUkcxdp5RNQaalwc8&usqp=CAU category_script:True