powershellのif文について説明する
Sal
powershell プログラミング言語powershellの入門サイトです。今回は第二弾、条件文編

powershellのif文について説明する

powershell学習サイト

前回までのお話はこちら

powershell 入門 学習サイト 〜変数編〜 h2> 条件文(if文) if文の書き方は以下の通り

$condition = $true 
if ($condition ){
    Write-Output "The condition was true" 
} else {
    Write-Output "The condition was false"
    $condition = $false
}
$condition = $false
if ($condition ){
    Write-Output "The condition was true"
}else{
    Write-Output "The condition was false"
}

実行結果


The condition was true
The condition was false

if文の==は成立しない


$num1 = 2
if ($num1 == 2) {
    Write-Output "The condition was true" } 
else{
    Write-Output "The condition was false"
}

ドキュメントでも以下の様に書かれている

 C# のような他の言語では、等価性のチェックに ==3 を使用する (例:5 == $value)のが一般的ですが、 これは PowerShell では機能しません。 
正直いかがなものかと思う...

if文の同値評価は「-eq」


$num1 %3D2 if ($num1 -eq 2 ){
    Write-Output "The condition was true" 
} else{
    Write-Output "The condition was false"
}

等しくないは「-ne」


$value = 5 

if ( 5 -ne $value ){
    echo "value is not equl 5" 
}else{
    echo "value is equl 5"
}

echo "chenge valu" 
$value = 4 
if ( 5 -ne $value) {
    echo "value is not equl 5" 
}else
    echo "value is equl 5"
}

大小関係、

以下はmicrosoftドキュメントから

-gt(より大きい) -igt(より大きい、大文字と小文字が区別されない) 
-cgt(より大きい、大文字と小文字が区別される) -ge(以上)
-ige(以上、大文字と小文字が区別されない)
-cge(以上、大文字と小文字が区別される)
-t(より小さい)
-ilt(より小さい、大文字と小文字が区別されない)
-clt(より小さい、大文字と小文字が区別される) 
-le(以下)
-ile(以下、大文字と小文字が区別されない)
-cle (以下、大文字と小文字が区別される) 

こんなにたくさん覚えてられねぇ... ということで抜粋。以下の4つを押さえておけば問題なさそう

-gt(より大きい、greater thanの頭文字) 
-ge(以上、greater Equalの頭文字)
-It(より小さい、little thanの頭文字)
-le(以下、little Equalの頭文字) 

以下サンプルコード 初心者の方はgtを常時使用して 大きい方を右側におく癖を付けておいた方がいいかも?

 $bignum = 50000
if( $bignum -gt 100 ) {
echo "$bignum > 100" 
title:powershellのif文について説明する description:プログラミング言語powershellの入門サイトです。今回は第二弾、条件文編 img:https://blog.hubfly.com/wp-content/uploads/2018/12/powershell.png category_script:page_name.startswith("1")