すぐにわかる!クラスの使い方【powershell】
Sal

すぐにわかる!クラスの使い方【powershell】

  1. クラスの使い方(サンプル1)
  2. 自作クラスの使い方
## クラスの使い方(サンプル1)
まずは宣言のやり方

class Car{
    # プロパティ
    [string] $people;
    [int] $location;

    Car([string] $poeple, [int] $location) {
        $this.people = $people
        $this.location = $location
    }

    # メソッド
    [void]rideoff(){
        $this.people = ""
    }

    [void]move(){
        $location = += 1
    }

    [string]whereami(){
        return $this.location;
    }
}
基本的な使い方は上記の通り classの後にクラス名を宣言して自作クラスの完成 あとは内部に変数名と関数を宣言して実態を作っていく。
## 自作クラスの使い方

$car = Car("tanaka tarou", 10)
$car.move()
$car.move()
$car.move()
$car.rideoff()
$car.whereami()
$を使って変数宣言 その後に通常の関数と同様にしてコンストラクタを呼び出し、インスタンスを作成する。 title:すぐにわかる!クラスの使い方【powershell】