レジストリキー操作【powershell】
Sal
powershell Get-ItemPropertyでレジストリキーを取得できる。レジストリの値を設定する。新しいレジストリキーを登録する。

レジストリキー操作【powershell】

  1. レジストリキーを表示する
  2. レジストリの値を設定する。
  3. 新しいレジストリキーを登録する。
  4. レジストリ応用1 サイトをInternet explorerセキュリティゾーンに追加する
  5. レジストリ応用2 Internet explorerのプロキシを変更する。
## レジストリキーを表示する
Get-ItemPropertyでレジストリキーを取得できる。

Set-Location HKCU:
Set-Location \Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run
Get-ItemProperty .
実行結果

PSPath: Microsoft.PowerShell.Core\Registry::HKEY_CURRENT_U
        SER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run
PSParentPath: Microsoft.PowerShell.Core\Registry::HKEY_CURRENT_U
          SER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion
PSChildName: Run
PSDrive: HKCU
PSProvider: Microsoft.PowerShell.Core\Registry
FolderShare: "C:\Program Files\FolderShare\FolderShare.exe" /background
TaskSwitchXP: d:\lee\tools\TaskSwitchXP.exe
ctfmon.exe: C:\WINDOWS\system32\ctfmon.exe
Ditto: C:\Program Files\Ditto\Ditto.exe
QuickTime Task: "C:\Program Files\QuickTime Alternative\qttask.exe
                        " -atboottime
H/PC Connection Agent : "C:\Program Files\Microsoft ActiveSync\wcescomm.exe"
レジストリキーはファルダーやファイルと同じ扱いであると考えてよい また、プロパティの値にアクセスするためには「.」繋ぎでキーを入力して値にアクセスできる。

PS >$runKey = "HKCU:\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run"
PS >(Get-ItemProperty $runKey).TaskSwitchXp
d:\lee\tools\TaskSwitchXP.exe
## レジストリの値を設定する。

#変更前のファイルパスの値
PS >(Get-ItemProperty .).MyProgram
c:\temp\MyProgram.exe

#レジストリの変更
PS >Set-ItemProperty . MyProgram d:\Lee\tools\MyProgram.exe

#変更したレジストリを再度確認する。
PS >(Get-ItemProperty .).MyProgram
d:\Lee\tools\MyProgram.exe
## 新しいレジストリキーを登録する。
New-ItemPropertyを使う

New-ItemProperty . -Name MyProgram -Value c:\temp\MyProgram.exe
ここでは「MyProgram」というキーを作成し、「c:\temp\MyProgram.exe」という値を格納している
## レジストリ応用1 サイトをInternet explorerセキュリティゾーンに追加する
サンプルコード

Set-Location "HKCU:\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings"
Set-Location ZoneMap\Domains
New-Item example.com
Set-Location example.com
New-Item www
Set-Location www
New-ItemProperty . -Name http -Value 2 -Type DWORD
インターネットエクスプローラーのSettingに移動した後、ZoneMap\Domainsに移動 インターネットエクスプローラーのセキュリティはサイトごとにファイルが形成されている仕組みのため、追加したいサイトのドメイン名でファイルを作る。
## レジストリ応用2 Internet explorerのプロキシを変更する。

Set-Location "HKCU:\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings" 
Set-ItemProperty . -Name ProxyServer -Value http://proxy.example.com 
Set-ItemProperty . -Name ProxyEnable -Value 1
ここではプロキシサーバーをhttp://proxy.example.com に設定しています。 また、セキュリティのレベルを1(イントラネット、Local intarnet)に設定 ちなみに番号の識別子は以下の通り

0. My Computer 
1. Local intranet 
2. Trusted sites 
3. Internet
4. Restricted sites
title:レジストリキー操作【powershell】 description:Get-ItemPropertyでレジストリキーを取得できる。レジストリの値を設定する。新しいレジストリキーを登録する。 category_script:page_name.startswith("17") img:https://johobase.com/jb/wp-content/uploads/2021/03/taskbar-powershell-icon-contextmenu.png