powershellでVNC接続を自動化する
Sal
powershell たったの4ステップでpowershellによるキー入力を自動化します。

powershellでVNC接続を自動化する

  1. 今回紹介するpowershellでVNCを自動実行するコード
  2. コード
  3. ファイル作成から実行まで
  4. その一 メモ帳を開きます。
  5. その二 該当のコードをコピー&ペーストします
  6. その三 デスクトップに保存します
  7. その四 新しくできたファイルを右クリックして「powershellで実行」
## 今回紹介するpowershellでVNCを自動実行するコード
このコードをメモ帳などに貼り付けて実行しましょう。 注意! コード内のIPアドレス88.88.88.88は適当なIPアドレスです 接続するときはご自身の接続したいIPアドレスに変えましょう また、コード内のpasswordも適当なパスワードです 接続するときは接続した先のパスワードに変更しましょう
## コード
 
 
#Powershellをキーボードで動かすために必要な型を宣言しておく 
#本来はC#などで使われるもの 
add-type -AssemblyName System.Windows.Forms.SendKeys


#スタートメニューで「VNC」と入力 
#「ファイルの場所を開く」でファイルパスを特定 
$vnc path = "C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs¥UltraVNC¥UTtraVNC Viewer.Ink"

#VNC起動 Start-Process -FilePath $vnc_path #VNCが起動するまで1秒待つ Start-Sleep -m 1000

#IPアドレスを入力し 
[System.Windows.Forms.SendKeys]::SendWait("88. 88. 88. 88”).

#Enter 
[System.Windows.Forms.SendKeys]::SendWait(" {ENTER}") 

#接続が確立するまで一秒待つ 
Start-Sleep -m 1000

#パスワードを求められるので入力し、 
[System.Windows.Forms.SendKeys]::SendWait("password”)

#Enter 
[System.Windows.Forms.SendKeys]::SendWait("{ENTER}") 
 
## ファイル作成から実行まで
全体の流れ
その一 メモ帳を開きます
その二 コピー&ペーストします 
その三 デスクトップに保存します。
その四 保存したファイルを右クリックし、「powershellで実行」
## その一 メモ帳を開きます。
## その二 該当のコードをコピー&ペーストします
## その三 デスクトップに保存します
注意! 保存するときは 文字コードはANSI形式で!!! 拡張子は.ps1で!!! ファイルの種類は「全てのファイル(**)」で!!! 名前は何でもいいですが、覚えておけるものにしましょう 例)sample_code.ps1
## その四 新しくできたファイルを右クリックして「powershellで実行」
title:powershellでVNC接続を自動化する description:たったの4ステップでpowershellによるキー入力を自動化します。 img:https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/liszworks/20170602/20170602005734.png category_script:page_name.startswith("3")