SQL学習サイト

社内SEの業務内容を可能な限りリアルに記しました。これから目指す人も、そうでないエンジニアも楽しめるように書きます!

記事一覧

SQLのデータベースにまつわる単語・用語一覧【SQL基礎入門】

Bronze SQLの勉強の記録、主に暗記するための単語帳として使用してください。今回はDDLやDCLなどのデータベースにまつわる単語。

select文の射影,選択,結合【SQL基礎入門】

データベースの中からデータを取り出す文であるSQLのselect文。selectの構文はその使い方で射影,選択,結合の三つに分類できます。

select句でできること一覧【SQL基礎入門】

データベースの中からデータを取り出す文であるSQLのselect文。select句では文字列の結合や算術計算、重複の削除などができます。

where句の基本的な使い方【SQL基礎入門】

select句の基本的な文法をOracle bronze SQL基礎の資格をなぞりながら解説

SQLで使える関数一覧【SQL基礎入門】

oracleマスターbronzeのweb問題集です。間違いやすい問題に厳選してあります。

データ型とその変換について【SQL】

oracleマスターbronzeのweb問題集です。間違いやすい問題に厳選してあります。

「sql like」で検索したあなたへ【SQL基礎】

sqlのlikeはパターン検索を可能にするキーワードです。具体的には次のような場合に使います。ある文字を含むものを条件に入れたい。ある文字から始まるものだけを抽出したい。基本的にはこの二つの用途しか使いません。

「sql in」で検索したあなたへ【SQL基礎】

このように「複数のキーワードのどれかに合致する」という条件を調べたい時は、INとそれに続く括弧の中に検索したいキーワードを,区切りで入力することで抽出することができます。

DDLについてのまとめ【SQL Oralce Bronze】

OracleMasterのために必要なDDLについての理解をまとめました。

「sql from 複数」で検索したあなたへ【SQL基礎】

sql分で複数のテーブルを使用する場合の全てのパターンについて解説を行います。

「sql with」で検索したあなたへ【SQL基礎】

SQLのwith文では。一度selectした結果の保存,使い回しを可能にし、副問い合わせのネストの簡略化も実現できる。

ファイル出力について【SQL基礎入門】

SQL Plusでは 「SPOOL (ファイル名)」と記述することで指定したファイルに実行結果を全て吐き出すことができます。

OSQLEDITを使う時の備忘録

SQLを使うときのエディターはいくつか選択肢がありますが、昔ながらのエディターでありつつも愛されているOSQLEDITもその一つでしょう。

【PL/SQL基礎入門】PLSQLのきほんの文法

- IF文やCASE文. これらの大切なロジックももちろんサポートしています。例えば、「もし本の数が1,000より大きければ...」ループやイテレートコントロールなどのサポートも充実しています。 GOTO文。なんとPL/SQLはGOTO文もサポートします。もちろん、それが許されているからといって無闇やたらに使っていわけではないが。

【PL/SQL基礎入門】PLSQLのコンソール出力

PL/SQLの基本的なポイント「PL/SQL procedure successfully completed.」「SET SERVEROUTPUT ON」を先頭に付け加えることでコンソール画面に出力する。

SQL のスクリプトファイル実行【PL/SQL基礎入門】

ほとんどの文法についてはSQL*Plusと同様にファイルに貯蓄することができます。最も簡単なスクリプトファイルの実行は「@」を先頭につけて実行します。

SQLの変数宣言/代入【PL/SQL基礎】

PL/SQLではDECLARE句で変数を宣言し、初期化を行います。その際には次の3つの手順を踏んで初期化します。変数名を記入し。型名を宣言。その後に「:=」で値を代入。

「sql for」で検索した方へ【SQL基礎】

次はselectでデータベースから取得した値をfor文で回します。ポイントは次の三つ。cursorを用いて「変数のように」selectした結果を代入すること。その値をfor句の IN に代入すること。ループの変数は「レコード」として値を取り出すことができること

SQLのwhileの書き方【PL SQL基礎】

通常のプログラミング言語ではループを一つ抜け出す際にbreakというキーワードを用いることがほとんどですがpl sqlではEXIT WHENを使用します。

ストアドプログラムの権限のについて【PLSQL基礎】

PL / SQLプログラムを最初に作成するときは、通常、あなたまたはDBA以外の誰もそれを実行できません。別のユーザーにプログラムを実行する権限を与えるには、GRANTステートメントを発行します。

PLSQLを他のプログラミング言語から呼び出す方法【PLSQL基礎入門】

遅かれ早かれ、C、Java、Perl、PHP、またはその他の多くの場所からPL / SQLを呼び出すことをお勧めします。これは妥当な要求のように思えますが、これまでに言語間の作業を行ったことがある場合は、言語固有のデータ型、特に配列、レコード、およびオブジェクト-MicrosoftのOpenDatabase Connectivity(ODBC)

PLSQLをC言語から呼び出す【PLSQL基礎】

オラクルは、少なくとも2つの異なるC言語インターフェースをOracleに提供しています。一つ目の方法はOCI(Oracle Call Interface)と呼ばる。もう1つはPro * Cと呼ばれます。OCIは行数が長くなる傾向があるので、代わりに「Pro * C」を使った方法を例としてあげる。

Javaからplsqlを呼び出す【PLSQL基礎入門】

そもそもSQLとJavaは好相性です。なぜなら、PLSQLもJavaも通常Oracle社が作り出したものだからです。より一般的でJava中心のアプローチは、JDBC(実際には何も意味しません)として知られていますが、通常の解釈は「Javaデータベースコネクティビティ」です。

ID Required【SQLアンチパターンまとめ】

次のようにPRIMARY KEY (article_id, tag_id)と言う行を追加することで、複数のキーを参照して重複を防ぐと言う仕組みを整えることが可能になっている。

外部キー制約【SQLアンチパターンまとめ】

外部キー制約とカスケード更新がテーブルを健全な状態に保つ。データベースを利用しているアプリケーションが、参照整合性を保つための完璧なコードを前提としているような状態は避けるべきである。

エンティティ・アトリビュート・バリュー【SQLアンチパターンまとめ】

特に今回は5章の「エンティティ アトリビュート バリュー」と呼ばれる手法の悪い点と改善策をまとめました。

ポリモーフィック【SQLアンチパターンまとめ】

issuesのような基底テーブルを使うことで、外部キーによるデータ整合性制約に依存できると言うことがポイント

マルチカラムアトリビュート【SQLアンチパターンまとめ】

SQLテーブルに対して列に対して年度や携帯電話番号など、これから増える可能性のあるものをカラムとして設定すると厄介な事象が発生します;

画像ファイルのデータベースへの格納方法 ファントムファイル【SQLアンチパターン】

データベースは外部リソースを管理することはできない。1. データベース自体の容量を減らすことができる。1. データベースのバックアップ自体は短時間で完了する。1. ファイルが外部リソースとして管理されているため、編集が楽になる

インデックスの設定(ショットガン・インデックス)【SQLアンチパターン】

インデックスとは、データの値と格納場所を結びつけるデータベースオブジェクト。正しく使うとデータベースの検索の高速化が可能になる。しかしながら、インデックスを正しく理解/使用できている開発者は意外と少ない。

アンビギュアスグループとGroup By句の誤用【SQLアンチパターン】

ある程度SQLを学んだプログラマーは、クエリでGroup Byと集約関数(MIN,MAX,SUM,COUNTなど)を巧みに用いて集計することを覚える。しかし、Group Byを用いるとき、Select句では次のどちらかの要件を満たす必要がある...

ランダムセレクションとは【SQL アンチパターン】

RAND関数は行ごとにランダムな数字をだすので、この数字で並び替えを行うことでランダムなソートを生み出すことができるが、これをorder byとともに使うとデータ数の上昇に応じて速度が重くなってしまう。

プアマンズ・サーチエンジン

SQLをRDMSたらしめているのは列の値がアトミックであること。つまり他の値と比べることができることだ。。しかし文字部分列の比較はSQLにおいては非効率で深く精査につながりやすい。

oo4oの移行について

oo4o (Oracle Objects for OLE) は新しいバージョンで使えない 2oo4oの移行作業が各企業で始まっている。

oo4oの移行作業の対象システムは?

新規プロジェクトを立ち上げた時期が2009年でoracle databaseに対して microsoftのシステムから接続している場合、0040を移行しなければ行けない可能性があ ります。

DOP.NETのunmanagedドライバーで使う言葉

ODP.NETはOO4Oが廃止になった後の後釜として優秀なミドルウェアになります。

ORACLE MASTER BRONZE WEB問題集

oracleマスターbronzeのweb問題集です。

リレーショナルデータベースとは【oracle bronze 12c sql web問題集】

oracleマスターbronzeのweb問題集です。今回はデータベースの単語に関する問題です。

select【oracle bronze 12c sql web問題集】

データベースの中からデータを取り出す文についての問題集

oracle master bronze 12c sql web問題集

oracleマスターbronzeのweb問題集です。間違いやすい問題に厳選してあります。

SQL 単一行関数マスター (Oracle bronze)

oracleマスターbronzeのweb問題集です。間違いやすい問題に厳選してあります。

Oracle SQL Bronze web問題集【変換関数】

oracleマスターbronzeのweb問題集です。間違いやすい問題に厳選してあります。

Oracle SQL Bronze web問題集【グループ関数】

oracleマスターbronzeのweb問題集です。MINMAX関数やCOUNT関数の隠された性質についても解説してあります。

Oracle SQL Bronze web問題集【表と結合】

oracleマスターbronzeのweb問題集です。NATURAL JOINやUSINGを使用した結合から、表の表別名についての性質などを解説します。

Oracle SQL Bronze web問題集【集合演算子】

oracleマスターbronzeのweb問題。INTERSECTやMINUSなどの集合演算子についての問題と解説を行います。

Oracle SQL Bronze web問題集【データ操作とトランザクション】

oracleマスターbronzeのweb問題。INTERSECTやMINUSなどの集合演算子についての問題と解説を行います。TRUNCATEやCREATEなどのDDLだけでなく、COMMITやROLLBACLやSAVEPOINTについても解説

Oracle SQL Bronze web問題集【DDLによるテーブル作成】

oracleマスターbronzeのweb問題集です。

Oracle Bronze DBA単語帳 Oracleインストール編

Oracleソフトウェアのインストールでは、OUI(Oracle Universal Installer)を使う

DBCAでOracleソフトウェアをセットアップする

DBCAを使ったOracleソフトウェアのインストール方法についてざっくりと解説

DBCAでOracleソフトウェアをセットアップする

DBCAを使ったOracleソフトウェアのインストール方法についてざっくりと解説

EM Expressでデータベースをコントロールする

データベースにアクセスする際には通常のselect文を使用する方法以外にも、webのGUIベースでアクセスすることが可能である。

DBAのためのSQLプラス(SQL*Plus)の使い方

SQL*Plusでは、SQLコマンドベースのツールであり、直接DBに対してCRUDを行うことができる。

SQL Developerとは【OSQLEditとの比較もあり】

SQL Developerができること、OSQLEditとの違いを解説!インストールの方法からオプションの指定まで!

Oracleネットワークを整える(クライアントとデータベースサーバー)

ネットワークでサーバーが稼働中であることと、Oracleデータベースがインストールされていることが絶対条件

「サービス」とは何か?【Oracle Database】

クライアントがデータベースサーバー上のデータベースに接続する際に指定するのはデータベースの「サービス名」である

Oracleデータベースのメモリー管理のパラメータについて

Oracleソフトの基本インストールでデータベースを作成すると自動メモリー管理が有効になる。この場合、次の環境変数によって指定されたターゲットサイズの範囲内で調整される。

制御ファイルとREDOログファイル【OracleBronzeDBA】

Oracle Bronze DBAの合格に向けた「制御ファイルからREDOログファイル」という分野の解説

表領域とは何か?【Oracle Database】

データベースのオブジェクトである表と索引など「セグメント」という論理構造が格納される先。表領域は表や索引をまとめる入れ物と考えることができる。表領域に対して一つ以上のデータファイルが作成される。

UNDOデータとは?【Oracleデータベース解説】

UNDOデータとは、トランザクションによって行われるデータの変更前にデータベースによって保存されるデータのコピーである。

ユーザー属性とデータベース認証パスワード【Oracleデータベース解説】

名前、ユーザー名のこと。アカウントの識別に用いる。データベース認証パスワードはユーザー名に対するパスワード。ユーザーはデータベースとの接続確率時にパスワードを求められ、一致しないと拒否される。

スキーマとは何か?【Oracleデータベース解説】

論理的なコンテナと考えれるもの。データベースのユーザーによって所有され、データベース内のオブジェクトはどれかのスキーマに属しており、そのスキーマ内部で一意の名前を持っている。この名前をスキーマオブジェクトと呼ぶ

Oracleが提供してくれるバックアップ/リカバリ/リストア機能一覧

物理的な破損からの回復だけでなく、ユーザーの誤操作からの復旧の方法をまとめました。