ストアドプログラムの権限のについて【PLSQL基礎】
Sal
sql PL / SQLプログラムを最初に作成するときは、通常、あなたまたはDBA以外の誰もそれを実行できません。別のユーザーにプログラムを実行する権限を与えるには、GRANTステートメントを発行します。

ストアドプログラムの権限のについて【PLSQL基礎】

  1. storedプログラムの権限のについて
  2. 全ユーザーに実行許可を与える
  3. ストアドプログラムの権限の剥奪
  4. 権限の階層
  5. 権限の確認方法
## storedプログラムの権限のについて
PL / SQLプログラムを最初に作成するときは、通常、あなたまたはDBA以外の誰もそれを実行できません。 別のユーザーにプログラムを実行する権限を与えるには、GRANTステートメントを発行します。

GRANT EXECUTE ON wordcount TO scott;
ロールにEXECUTE権限を付与することもできます。
## 全ユーザーに実行許可を与える
または、必要に応じて、現在のデータベースのすべてのユーザーにプログラムの実行を許可することもできます。

GRANT EXECUTE ON wordcount TO PUBLIC;

GRANT EXECUTE ON wordcount TO all_mis;
## ストアドプログラムの権限の剥奪

 REVOKE EXECUTE ON wordcount FROM scott;
DESCRIBEは、テーブル、ビュー、オブジェクトタイプ、プロシージャ、およびパッケージでも機能します
## 権限の階層
スコットのような個人に特権を付与し、そのユーザーがメンバーであるロール(たとえば、all_mis)に特権を付与し、それをPUBLICにも付与すると、データベースは3つの付与すべてを取り消されるまで記憶します。
## 権限の確認方法
USER_TAB_PRIVS_MADEに全てのプロシージゃ,テーブルに関する権限が与えられています。

SELECT table_name, grantee, privilege
FROM USER_TAB_PRIVS_MADE
WHERE table_name = 'WORDCOUNT';
実行結果

TABLE_NAME  GRANTEE   PRIVILEGE
----------  -------   ---------
WORDCOUNT   PUBLIC    EXECUTE
WORDCOUNT   SCOTT     EXECUTE
WORDCOUNT   ALL_MIS   EXECUTE
title:ストアドプログラムの権限のについて【PLSQL基礎】 description:PL / SQLプログラムを最初に作成するときは、通常、あなたまたはDBA以外の誰もそれを実行できません。別のユーザーにプログラムを実行する権限を与えるには、GRANTステートメントを発行します。 img:https://images.squarespace-cdn.com/content/v1/5c3cf2ac5417fc3efa512c5a/1547588142968-VWQR0WMNFIX7GW18937A/lrg.jpg category_script:page_name.startswith("25")