Sal
sql

  1. Oracleデータベースの構成要素
  2. その他用語(共有コンポーネント)
  3. 個別コンポーネント
  4. データベース管理者のタスク
  5. データベースの構築に関わる作業
  6. # Oracle Universal Installer(OUI)
  7. # Oracle Database COnfiguration Assistant(DBUA)
  8. # Database Upgrade Sssistant(DBUA)
  9. ネットワーク関連
  10. # Oracle Net Manager
  11. # Oracle Net Configuration Sssistant
  12. Oracle Enterprise Manager(EM)
  13. SQL*Plus
  14. SQL Developer
  15. Recovery Manager (RMAN)
  16. Oracle Secure Backup
  17. Data Pump
  18. SQL *Loader
  19. OUIでできること
  20. データベースを作成するGUI
  21. データベースの作成の際に使用するもの
  22. データベースで使用する記憶域
  23. テンプレート2種類
  24. OUIを使用してできないことを全て選択せよ
  25. DBCAのテンプレートの説明について3つ正しいものを選べ
  26. 環境変数の説明で正しいものを3つ選べ(*)
  27. Oracle Inventoryディレクトリについてただしものを二つ選べ
  28. OUIの説明で正しいものを1つ選べ(*)
  29. OUIが行うインストール前の前提条件について正しいものを2つ選べ
  30. ORACLE_HOMEの説明について正しいものを3つ選べ(*)
  31. DBCAでデータベースを作成した場合の記憶域オプションについて指定できるものを二つ選択してください(*)
  32. DBCAのテンプレートの設定について正しいものを2つ選べ(*)
  33. 非常に複雑な多数の問い合わせを実行して大量のデータを処理するためのテンプレートを選択してください
  34. ORACLE_BASEの説明について、正しいものを選択してください
  35. DBCAを使用してできることを3つ選べ
## Oracleデータベースの構成要素
oracleデータベースは

答え

Oracleインスタンス

答え

データベース

と言う二つのコンポーネントで構成される そのインスタンスは

答え

共有メモリー領域に割り当てられるSGA

答え

データベース内部に常駐してさまざまなタスクを実行するバックグラウンドプロセスで構成される

一方データベースは

答え

制御ファイル

答え

REDOログファイル

答え

データファイル

から構成される
## その他用語(共有コンポーネント)

Oracleソフトウェア

データベースを管理するソフトウェア

データベースオブジェクト

データベースに格納される表や索引など

リスナープロセス

ネットワークを会した接続に必要なプロセス

## 個別コンポーネント

ユーザープロセス

データベースに接続したユーザーのプロセス

サーバープロセス

ユーザーの代わりにSQLを実行するプロセス

PGA

それぞれのプロセスが専用で使用するメモリー領域

## データベース管理者のタスク

答え(3つ)

データベースの構築に関わる作業

日々の運用管理に関わる作業

トラブルシューティング

# Oracleデータベースの管理ツール一覧
## データベースの構築に関わる作業
### Oracle Universal Installer(OUI)

答え

Oracleソフトをインストールする

### Oracle Database COnfiguration Assistant(DBUA)

答え

データベースを作成する

### Database Upgrade Sssistant(DBUA)

答え

既存のデータベースを新しいリリースのOracleにアップグレードする

## ネットワーク関連
### Oracle Net Manager

答え

Oracleネットワークの構築を行う

### Oracle Net Configuration Sssistant

答え

Oracleネットワークの構築を行う

# インスタンスとデータベースの管理
## Oracle Enterprise Manager(EM)

答え

Oracleデータベースを管理する

## SQL*Plus

答え

SQLをて入力できるコマンドラインインターフェース

## SQL Developer

答え

データベースを管理するグラフィカルツール

## Recovery Manager (RMAN)

答え

データベースのバックアップ、リストア、リカバリ処理を実施

## Oracle Secure Backup

答え

データバックアップの管理

## Data Pump

答え

データベース間の高速なデータ転送

## SQL *Loader

答え

外部ファイルのデータをOracleデータベースの表にロードする

# 抜け漏れ防止
## OUIでできること

答え

-  インストールされているOracleそふ

- 使用しないOracleソフトウェアの削除

- インストールプロセス中のオンラインヘルプの参照

- Oracleソフトウェアの開始前に、対象の要件を満たしているかチェックできる

## データベースを作成するGUI

答え

DBCA
## データベースの作成の際に使用するもの

答え

テンプレート
## データベースで使用する記憶域

答え

ファイルシステム(デフォルト)
自動ストレージ管理(ASM)
## テンプレート2種類

答え

データファイルが含まれる「シードテンプレート」
含まれない「非シードテンプレート」
# 問題集
## OUIを使用してできないことを全て選択せよ
A: マシンにインストールされているOracleソフトの表示 B: データベースの新規作成 C: 新しいOracleソフトウェアのインストール D: Oracleソフトウェアの削除 E: インストールに関するオンラインヘルプ表示 F: インストール前の前提条件のチェック G: テンプレートの管理

答え

B: データベースの新規作成
G: テンプレートの管理

上記二つはインストールに無関係
## DBCAのテンプレートの説明について3つ正しいものを選べ
A: SQLスクリプトファイルである B: XMLファイルである C: データベースの作成に必要な情報が含まれている D: テンプレートの格納場所は「$ORACLE_HOME/assistants/dbca/templates」 E: テンプレートを使うと全く同じデータベースのクローンが作れる。

答え

B: XMLファイルである
C: データベースの作成に必要な情報が含まれている
D: テンプレートの格納場所は「$ORACLE_HOME/assistants/dbca/templates」
## 環境変数の説明で正しいものを3つ選べ(*)
A: ORACLE_SIDはインスタンス名+グローバルデータベース名を指定する B: ORACLE_SIDはインスタンス名に適応される C: ORACLE_HOMEにはOracle実行ファイルがインストールされ、ネットワーク関連ファイルは別の環境変数で指定する D: ORACLE_HOMEはOracleソフトウェアを格納するディレクトリである E: ORACLE_SIDはデータベース名と別の名前にすることが望ましい F: ORACLE_SIDはデータベース名と同じ名前にすることが望ましい

答え

B: ORACLE_SIDはインスタンス名に適応される
D: ORACLE_HOMEはOracleソフトウェアを格納するディレクトリである
F: ORACLE_SIDはデータベース名と同じ名前にすることが望ましい
    
## Oracle Inventoryディレクトリについてただしものを二つ選べ
A: 初回のインストール時にのみ必要 B: インストール後に削除可能 C: Oracleソフトウェアのインストール情報を格納するディレクトリである D: インストール時に使用する一時的な領域で、あらかじめ作成してない場合は内部的に TEMPディレクトリが使われる E: 全てのOracleソフトで参照され、共有される

答え

C: Oracleソフトウェアのインストール情報を格納するディレクトリである
E: 全てのOracleソフトで参照され、共有される

Oracle InventoryディレクトリはOracleソフトのインストール情報が格納される。

インベントリとは、財産目録(を作る)、資産台帳、在庫、棚卸し(をする)、
一覧表などの意味を持つ英単語。 
ITの分野では情報システムの構成要素を把握・管理するために作成される目録などを指すことが多い。
    
## OUIの説明で正しいものを1つ選べ(*)
A: インストール中にデータベースを作成しないオプションもある B: Oracleソフトウェアは削除できない C: インストール時に自動的に作成されるデータベースはテスト用データベースである 本番用のデータベースは改めて作る必要がある D: Oracleデータベースの動作に必要なオペレーティングシステムの環境変数を あらかじめ設定していない場合は、前提条件をチェックしていないとみなされ、 エラーが表示される

答え

A: インストール中にデータベースを作成しないオプションもある

Cはインストール中にさくせされるデータベースをそのまま使用でき、変更を加えることもできる

Dは環境変数の設定はあらかじめ必要はない
    
## OUIが行うインストール前の前提条件について正しいものを2つ選べ
A: インストールの前提条件はOSによって異なるので共通のチェック項目はない B: 十分なスワップ領域があること C: 物理メモリーが2GB以上使用可能であること D: ネットワークの速度が16bps以上であること E: OSの最適なサービスパックまたはパッチがインストールされていること

答え

B: 十分なスワップ領域があること
E: OSの最適なパッチがインストールされていること

Cは物理メモリーの要件は1GB以上
Dはネットワークの要件はない
    
## ORACLE_HOMEの説明について正しいものを3つ選べ(*)
A: Oracleソフトウェアを初めてインストールするときに、Oracleホーム・ディレクトリを指定すればよく、 追加でほかのOracleソフトウェアをインストールするときは最初に指定した場所を使用する B: Oracleソフトウェアを新しくインストールするたびにORACLE_HOMEを指定する必要がある C: デフォルトはOracleベースディレクトリのサブディレクトリである D: Oracleソフトウェアのインストール前に必ず設定しておかなければならない E: Optimal Flexible Architecture(OFA)用のOracleディレクトリ構造のべ0すを指定する F: Oracleソフトウェアを配置するディレクトリを指定する

答え

B: Oracleソフトウェアを新しくインストールするたびにORACLE_HOMEを指定する必要がある

C: デフォルトはOracleベースディレクトリのサブディレクトリである

F: Oracleソフトウェアを配置するディレクトリを指定する

    
## DBCAでデータベースを作成した場合の記憶域オプションについて指定できるものを二つ選択してください(*)
A: ファイルシステム B: OMF C: 自動ストレージ管理(ASM) D: 自動メモリー管理

答え

A: ファイルシステム

C: 自動ストレージ管理(ASM)
    
## DBCAのテンプレートの設定について正しいものを2つ選べ(*)
A: 事前定義されたテンプレートとして「デフォルト・データベース」を選択すると全てが標準的に設定されたデータベースになる B: 準備されているテンプレートには「汎用またはトランザクション処理」「カスタム・データベース」「大規模データベース」がある C: 「カスタム・データベース」の指定でより複雑な環境に対応できるデータベースを作成できる D: 準備されているテンプレートには「汎用またはトランザクション処理」「カスタム・データベース」「データ・ウェアハウス」がある

答え

C: 「カスタム・データベース」の指定でより複雑な環境に対応できるデータベースを作成できる
D: 準備されているテンプレートには「汎用またはトランザクション処理」「カスタム・データベース」「データ・ウェアハウス」がある

Aはデフォルトデータベースはない
    
## 非常に複雑な多数の問い合わせを実行して大量のデータを処理するためのテンプレートを選択してください
A: データウェアハウス B: 大規模データベース C: 汎用またはトランザクション処理 D: 問い合わせ専用データベース

答え

A: データウェアハウス
    
## ORACLE_BASEの説明について、正しいものを選択してください
A: デフォルトはOracleホームディレクトリのサブディレクトリになる B: Oracleソフトウェアのインストール前に設定が必要 C: OFA用のOraclディレクトリ構造のベースを指す D: Oracleソフトウェアを配置するディレクトリを指定する E: Oracleソフトウェアを新しくインストールするたびに、新しくOracleベースディレクトリを指定する必要がある

答え

C: OFA用のOraclディレクトリ構造のベースを指す

D,EはOracleホームのこと
    
## DBCAを使用してできることを3つ選べ
A: データベースの削除 B: ソフトウェアのインストール C: ネットワークの設定 D: シードテンプレートの作成 E: データベースオプションの構成

答え

A: データベースの削除
D: シードテンプレートの作成
E: データベースオプションの構成

そのほかはブラがぶるデータベースの管理などが可能
    

答え