DBCAでOracleソフトウェアをセットアップする
Sal
sql DBCAを使ったOracleソフトウェアのインストール方法についてざっくりと解説

DBCAでOracleソフトウェアをセットアップする

  1. DBCAとは
  2. runInstaller
  3. セキュリティ・アップデートの更新
  4. Software Updateのダウンロード
  5. インストールオプションの選択(大事)
  6. Gridインストール・オプション(そこそこ大事)
  7. 言語設定
  8. インストールのエディション
  9. インストールの場所の指定
  10. インベントリの作成
  11. 以降は流れ作業
  12. 構成スクリプトの実行
  13. OUIを使用してできないことを全て選択せよ
  14. 備考
## DBCAとは
DBCAとは Oracle Database Configuration Assistantの略 このソフトではプラットフォームが異なる場合でも、ほぼ同じ手順でインストールとともにデータベースを作成することができる ここではLinuxで解説する
## runInstaller
Oracleのディスクのメディアパスを指定。 その中にあるrunInstallerバッチファイルを起動
## セキュリティ・アップデートの更新
はい、いいえどちらでも可能
## Software Updateのダウンロード
次へ
## インストールオプションの選択(大事)
ここは大事 インストール中にデータベースを作成するか、Oracleソフトウェアのみのインストールにするかを選べる 「データベース・ソフトウェアのみインストール」の選択でOK
## Gridインストール・オプション(そこそこ大事)
- 単一インスタンス・データベースのインストール - Oracle Real Appplication Clustersデータベースのインんストール - Oracle RAC One Node データベース・インストール の選択肢がある 単一インスタンス・データベースのインストールで可能
## 言語設定
日本語を選ぶ
## インストールのエディション
- Enterprise Edition - Standard Edition - Standard Edition One の三つの選択肢がある Enterprise Editionで可能
## インストールの場所の指定
- Oracleベース - ソフトウェアの場所 を指定していることを確認して、次へをクリック

なお、

OUIの起動まえに、ORACLE_BASE,ORACLE_HOMEを指定しておくと

それぞれ、Oracleベース、ソフトウェアの場所として採用される

## インベントリの作成
インベントリディレクトリとは インストールしたOracle製品の情報を保持するためのディレクトリ ここでは - インベントリディレクトリ と - oraInventoryグループ名 が設定されていることを確認して「次へ」を押す
## 以降は流れ作業
## 構成スクリプトの実行
この画面が表示されたら、システムの管理者であるrootユーザーとして別のターミナルを開き、 orainstRoot.shとroot.shの二つのスクリプトを実行。 その後、OUIに戻って「OK」ボタンをクリックします。

orainstRoot.sh

インベントリポインタファイルを作成するスクリプト。

root.sh

oratabファイルの作成(etc/oratab)

Oracle用の環境変数を設定するスクリプトのコピーを行う

# 問題集
## OUIを使用してできないことを全て選択せよ
A: マシンにインストールされているOracleソフトの表示 B: データベースの新規作成 C: 新しいOracleソフトウェアのインストール D: Oracleソフトウェアの削除 E: インストールに関するオンラインヘルプ表示 F: インストール前の前提条件のチェック G: テンプレートの管理

答え

B: データベースの新規作成
G: テンプレートの管理

答え

## 備考
description:DBCAを使ったOracleソフトウェアのインストール方法についてざっくりと解説 title:DBCAでOracleソフトウェアをセットアップする category_script:page_name.startswith("6")