DBCAでOracleソフトウェアをセットアップする
Sal
sql DBCAを使ったOracleソフトウェアのインストール方法についてざっくりと解説

DBCAでOracleソフトウェアをセットアップする

  1. LinuxへDBCAを使用したOracleデータベースの作成を行う
  2. oracleユーザー(Oracleソフトウェアインストール時に指定)でOSにログインする
  3. ターミナルを開いてORACLE_SIDとORACLE_HOME変数を設定する
  4. DBCAを起動する
  5. ウィンドウが開かれるのでデータベースの作成を選択
  6. モード設定が開かれるので、「拡張モード」を選択
  7. 「データベース・テンプレート」ページでは「汎用またはトランザクション処理」を選択
  8. 「データベース識別情報」ページでは以前設定した値を入れる
  9. 管理オプションでは「Enterprise Manager」の種類を選択
  10. データベース資格証明ページ
  11. ネットワーク構成ページが表示される
  12. 「記憶域の場所」ページ
  13. データベースオプション
  14. その後は全て「はい」を選択
  15. 備考
## LinuxへDBCAを使用したOracleデータベースの作成を行う
Oracleソフトウェアのインストール時にデータベースを作成しなかった場合は、インストール後に再び DBCAを用いて手動でデータベースを作成する。
## oracleユーザー(Oracleソフトウェアインストール時に指定)でOSにログインする
## ターミナルを開いてORACLE_SIDとORACLE_HOME変数を設定する
設定のために使うコマンドはoraenvスクリプト

$ oraenv
>ORACLE_HOME = ?
>ORACLE_SID = ?(orcl)
oraenvスクリプトはoracleソフトのインストール時にroot.shを実行した後に作られる。
## DBCAを起動する
ターミナルへ次を入力する

$ dbca
## ウィンドウが開かれるのでデータベースの作成を選択
そのほかには「テンプレートの選択」などの項目も含まれるが、今回はスルー
## モード設定が開かれるので、「拡張モード」を選択
「デフォルトの構成でデータベースを作成」を押すと、 データベースの選択項目が少なくなり、簡単に作成できる。
## 「データベース・テンプレート」ページでは「汎用またはトランザクション処理」を選択
ここではデータベースの雛形を選択できる データベースの雛形はほかには - カスタム・データベース - データ・ウェアハウス が含まれる
## 「データベース識別情報」ページでは以前設定した値を入れる
「グローバル・データベース名」と「SID」を要求される グローバルデータベース名はデータベース名とドメイン名で構成される

database_name.domain_name
例えばorcl.edifirst.comと指定すると orclはデータベース名を edifirst.comはドメイン名を表す
## 管理オプションでは「Enterprise Manager」の種類を選択
## データベース資格証明ページ
ここではSYS,SYSTEMのパスワードを設定する。 この二つのアカウントは新規データベースの管理アカウントである。 「全てのアカウントに同じ管理パスワードを使用」のチェックボックスでも可能 (Oracleソフトのインストール時に作成した場合は全ての管理者アカウントに同じパスワードが設定される)
## ネットワーク構成ページが表示される
現在のOracleホームのリスナーが表示される (新しくリスナーを作成することも可能)
## 「記憶域の場所」ページ
データベースで使用する記憶域のタイプとデータベースのファイルの位置、リカバリ方法を指定可能 タイプでは - デフォルトは「ファイルシステム」 - 自動ストレージ管理(ASMディスクグループにデータファイルを配置) 位置では「テンプレートのデータベースファイル位置」を設定される リカバリでは「高速リカバリ領域」と呼ばれるバックアップファイルの格納場所を指定できる
## データベースオプション
「サンプルスキーマ」ではサンプルとなるスキーマの指定が可能
## その後は全て「はい」を選択
## 備考
description:DBCAを使ったOracleソフトウェアのインストール方法についてざっくりと解説 title:DBCAでOracleソフトウェアをセットアップする category_script:page_name.startswith("6")

答え