VB6関係のプロジェクトについた時に見る用語集
Sal
vb6 VB6は他のプログラミング言語と違い、かなり特徴的な構成になっております。すでにプログラミングを学んだことがある人が新しい言語としてVB6を学ぶ時にどうぞ

VB6関係のプロジェクトについた時に見る用語集

  1. VBプロジェクトを構成するファイル
  2. BASファイルボタンなどのフォームの成につい
  3. .vbp拡張子ファイル!
  4. クラスファイル .cls拡張子ファイル
  5. コードに関して
  6. プロシージャー
  7. 関数
  8. コントロール
  9. プロパティ
  10. Oracleの説明
  11. OraSessionオブジェクトについて
title:VB6関係のプロジェクトについた時に見る用語集 description:VB6は他のプログラミング言語と違い、かなり特徴的な構成になっております。すでにプログラミングを学んだことがある人が新しい言語としてVB6を学ぶ時にどうぞ
##VBプロジェクトを構成するファイル
##BASファイルボタンなどのフォームの成につい
##.vbp拡張子ファイル!
変数やプロパティの値がたくさん置いてあるファイル。 ここにある変数にはどこからでも(どのプログラムファイルからでも)接続できる
##クラスファイル .cls拡張子ファイル
クラスを記述するファイル クラスとはプロパティ (クラス専属の変数)とメソッド(クラス専属の関数、プロシージ ヤ)の集合から出来ているもの。 クラスを使わずにコードを書くと変数やメソッドを呼び出せる範囲が無限大に広がり、収拾がつかなくなってしまう。
##コードに関して
##プロシージャー
SubからEnd Subで囲まれた一連のコード部分 返り値が存在しないのが特徴 一連のコードを部品としてまとめておくことで再利用が可能になる。
##関数
FunctionからEnd Functionまでの一連のコード群 プロシージャ同様まとめておくことで再利用が可能になる。 返り値が存在し、関数を呼び出す側は実行した結果がどのようになっているかを確認することができる。
##コントロール
ラベル、テキスト、ボタンなどのフォーム上の配置についての総称 別名ActiveXとも呼ばれている
##プロパティ
コントロールに対する設定のこと - 位置関係 - 大きさ - ボタン効果時のプロシージャ、関数のオンフック設定
##Oracleの説明
オラクル社が作っているデータベースシステム oracleサーバーというソフトウェアを販売しており クライアントはサーバーに対してsqlという言語、プログラムを用いて接続できる
##OraSessionオブジェクトについて
Oracleデータベースとの接続を行うためのオブジェクト